ファクタリングと手形割引の比較

subpage1

ファクタリングは売掛金を専門の業者に売って早期に現金化する手法ですが、似たようなものに手形割引というものがあります。

ファクタリング会社

手形というのも売掛金と同じように一種の債権であり、いずれ現金化できるものですが、手形が決済される前に金融機関などに持ち込んで割引を受けて現金化するということもよく行われます。
この両者は同じようなもののように思えますが、よく比較するとかなり大きな違いがあることに気づくでしょう。
ファクタリングと手形割引を比較して気づく一番大きな違いは、取引先の会社が支払い不能になった場合の、その債務の弁済の有無です。

ファクタリングの場合は、売掛金の売却という扱いなので、債務弁済の必要はありません。


売却したものの回収義務は業者側にあるのであって、自社は知りませんということです。



しかし、手形割引の場合はそうはいきません。


手形割引はあくまでも手形を担保に融資してもらっているという扱いになるので、万が一取引先が支払い不能になって手形が不渡りになった場合、金融機関はこちらのお金を請求してくる場合があります。
ファクタリングと手形割引を比較してどちらがいいのか考えた場合、資金の調達コストで考えれば、手形割引の方に軍配があがるかもしれません。
しかし、基本的に融資の扱いである手形割引は、自社の財務状態などが悪かったりすると受け付けてもらえない場合もあります。
その点、ファクタリングの場合は、自社の財務状態は関係なく、売掛金の信頼が重視されるので利用しやすいですし、現金化のスピードも速いです。