医療や介護のファクタリングとは?

  • 医療や介護のファクタリングとは?

    • ファクタリングとは、資金操りに困った中小企業などが所有している売掛金を専門業者に売却して即時に現金を手に入れる手法です。

      手数料が高額なため、銀行などの金融機関からお金を借りられないときにとる最後の手段と言われています。

      即日のファクタリングに関する情報が満載のサイトです。

      近年では、医療や介護の事業者でもファクタリングを利用することがあるようです。



      医療や介護の事業者が所持しているのは、売掛金ではなく医療報酬や介護報酬などになりますが、これらの債権もファクタリングの対象になります。


      売掛金は、取引先の企業が倒産をしてしまったら回収できなくなるというリスクがあります。


      それに対して、医療報酬や介護報酬などを支払ってくれる機関が倒産してしまうリスクは少ないので、信頼性の高い債権ということになり、通常の売掛金を売却する場合よりも手数料などの条件が良いことも多いようです。


      医療報酬や介護報酬は、請求をしてから実際に支払われるまでに2ヶ月のタイムラグが存在します。



      この2ヶ月のタイムラグの間に従業員の給料が支払えなくなったり、店舗などの維持費が支払えなくなるということは、かなり経営状況が悪化しているということです。このような状況では銀行などもお金を貸してくれる可能性は低いでしょう。なるべく、このような状況になる前に手を打っておくべきですが、最後の手段としてファクタリングを利用して一時的に状況をしのぐという方法がとれます。
      しかし、根本的な解決にはならないので、なんらかの経営改善の手を考えておく必要があります。