買取ファクタリングの比較について

subpage1

ファクタリングには買取型と保証型の2種類が存在します。

話題になっているファクタリングの評判の声をいただいています。

買取型は資金調達を目的として行われますが、保証型は売掛先が倒産することによる貸し倒れのリスクを軽減することを目的としています。

買取ファクタリングは売掛債権を早期に現金化する手段です。
金融機関から融資を受ける場合と比較して、簡単に資金を調達できるというメリットがあります。融資は元金と利息の返済が必要ですが、売掛債権の譲渡では入金後に返済をする必要がありません。買取ファクタリングは融資と比較して経営上の負担が少ないという特徴が存在します。

さらに買取ファクタリングは業者と企業だけで行う2社間取引と、売掛先の合意を必要とする3社間取引に分類されます。



2社間取引では企業は顧客から売掛金の支払いを受け、さらに業者に対して支払います。
この方法では企業による売掛金の使い込みなどのリスクが有ることから、手数料が比較的高額に設定されます。

ただし顧客に自社の資金繰りの状況について知られる心配はありません。3社間取引では業者が顧客から直接的に売掛金の支払いを受けます。
業者にとってリスクが少ないことから、手数料は比較的低額に設定されます。


ただしこの方法では顧客に対して債権譲渡の通知を行うため、企業は資金繰りの状況を知られてしまうことになります。
手数料の一般的な相場は2社間取引だと譲渡する売掛債権額の10%から40%ほどで、3社間取引だと5%から10%ほどです。



それぞれの方法に異なるメリットがあるので、状況に応じて使い分けることをおすすめします。