八方尾根は長野オリンピックがあった際に公式競技会場になったことから一躍有名になりましたが、それ以前にもスキーヤーの間ではよく知られたゲレンデが開かれている場所でした。

日本アルプスの山麓にはいくつものゲレンデがありますが、八方尾根はそのなかでもいわゆるパウダースノーで雪の質が格段によく、しかも難易度の高い上級者向けのコースがあるのが特色です。そのいっぽうで初心者は利用できないのかといえばそうでもなく、同じ八方尾根でも傾斜の比較的ゆるいコースも開設されていますので、さまざまなレベルの人たちがみずからの技量にあわせてコースを選べるところも大きなメリットになっています。

ゲレンデでスキーを楽しむためには、まずはゴンドラやリフトで滑走するポイントまで移動しなければなりませんが、当日にリフト券をそのつど購入するのは手間がかかりますし、ハイシーズンは他の利用者も多く窓口の混雑も予想されます。そのため最初から八方尾根で使えるリフト券が付いたパッケージツアーなどを予約しておく方法があります。

パッケージツアーは現地までの交通手段とホテルなどの宿泊施設がひとつになった便利な旅行商品であって、個別にバスやホテルを予約するよりもはるかに安価で目的が果たせるところが特徴です。このようなパッケージツアーのなかには、標準あるいはオプションでの指定でリフト券を付けたものが存在しており、通常は滞在予定にあわせて半日券や一日券などの種類の組み合わせとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *